The Institute of Statistical Mathematics, Tokyo, Japan

Hisashi Noma's Homepage

ホーム研究紹介出版物資料統計相談リンク

研究紹介
「1960年代の薬害事件で有名なサリドマイドががんの治療薬として有効であることがわかった」「大気中のPM2.5の濃度が高くなると,心筋梗塞の発生率が高くなる」「イソジンでのうがいに風邪の予防効果はない」「遺伝子情報の解析によって,薬剤の効果の個人差を予測することができる」

人を対象とした臨床研究・疫学研究から得られるデータは,本質的にばらつきや不確実性を含むものであり,これらの科学的仮説に対して正しい答えを得るためには,統計的な評価が不可欠です.加えて,これらの研究には,欠測や測定誤差,交絡,治療の不遵守などさまざまなバイアスが入ります.

医療統計学(Biostatistics, Medical Statistics)は,これらのバイアスを防止するための研究デザインや統計解析の方法をはじめとして,科学的な評価を行うための方法論を提供する学問です.海外では,医学研究の発展を支える基盤として,早くからその役割は重要視されており,多くの大学の公衆衛生大学院(School of Public Health)に,基幹部門として医療統計学部門(Department of Biostatistics)が設置されています.また,今日,臨床医学系の一流学術誌は,どこも統計レビューボードを設けるようになっており,専門の統計家による論文査読が行われることも一般的となっています.近年の科学的根拠に基づく医療(Evidence-Based Medicine)の振興とともに,その役割はますます重要となっており,適切な経験と専門性を持った統計家による研究の支援が重要なものとなっています.

統計数理研究所の我々の研究グループでは,JST CRESTのビッグデータ応用領域の研究プロジェクトをはじめとして,国内外の先進的な研究グループと協同し,多くの挑戦的な研究に取り組んでいます. 医療統計学は,国内ではアカデミアにおける専門家もまだまだ不足しており,今後のさらなる発展が期待される分野でもあります. 医療統計の専門家と共同研究を行いたい方,大学院で医療統計学を学んでみたい(大学・研究機関・企業などでの生物統計家をめざしたい)方など,ご関心のある方は,お気軽にご連絡ください.
  
総合研究大学院大学複合科学研究科統計科学専攻では,5年一貫性の博士課程と後期3年の博士課程で,博士(統計科学),博士(学術)の学位を取得することができます.国内最大規模の統計科学の蔵書と,スーパ―コンピュータシステムを含む充実した計算機環境を利用した研究を行うことができます.修了生のキャリアパス(アカデミックポジションや企業への就職等)も充実しています.随時,進学相談や見学等,受け付けております.

経歴
2002年 4月~2006年 3月     九州大学 理学部 数学科
2006年 4月~2011年11月  京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻 専門職学位課程・博士後期課程
2011年12月~2012年 3月  日本学術振興会特別研究員(PD)
2012年 4月~2016年 3月     統計数理研究所 データ科学研究系 助教
2012年 4月~2016年 3月     総合研究大学院大学 複合科学研究科 統計科学専攻 助教
2016年 4月~                     統計数理研究所 データ科学研究系 准教授
2016年 4月~                     総合研究大学院大学 複合科学研究科 統計科学専攻 准教授



Copyright (C) Hisashi Noma. All Rights Reserved.